お金 借りる

子供の七五三を低予算で済ませる予定が予算オーバーに

(広島県府中市 フランスパンさん ドライバー 28歳)

娘が七五三のお祝いをする年になったのですが、我が家では着物を買ってやるような余裕はなく、近所の写真スタジオのキャンペーンを使って低予算でお祝いをすることにしました。

その写真スタジオでは、着物のレンタルと着付けやヘアセットがセット価格で格安になっており、オプション料金を払えばその借りた着物のままお宮参りに行っても構わないというキャンペーンだったのです。

着物を借りて、ヘアセットをしてもらい、別の場所で撮影してもらうというように別々にお願いすればかなりの金額になるところを全て一箇所で格安でできるというので、家計にとってはとてもやさしいプランになる予定でした。それが、予定外に費用がかかってしまったのが、撮影してもらった写真を購入する代金が別にかかることです。

写真の購入費用が別にかかることはもちろん事前に承知していましたので、撮影してもらった中から写りのいいものを2枚くらい購入すればいいという風に考えていたのですが、いざ撮影をしてもらうと、プロが撮影しているだけあって、どの写真もかわいく、またお店の人が特別にもう一着同じ値段で着てもいいと行って着せてくれた別の衣装の写真も、せっかくだから手元にほしくなってしまったのです。

見ているうちについつい欲しくなってしまった写真の枚数を合計すると、ミニアルバムができてしまうほどの枚数になってしまいました。

これはもちろん予算オーバーです。しかし、私たちが買わなければこの写真が処分されてしまうと思うと、なんだかかわいそうで、今しかない娘の七五三なのだから気に入ったものは購入しないと一生後悔するかもしれないという思いもありました。

給料前でお金の無い時期だったのですが、給料日までの間ということでお金を借りて、写真は結局気に入ったものを全て購入してしまいました。

これが写真スタジオの作戦なのだと思うとちょっと悔しいのですが、かわいい娘の姿が残せたことには満足しています。きっと、買っておいてよかったと、娘がもっと大きくなったときにも思うことと思います。


このページの先頭へ