お金 借りる

クレジットカードで買うより、借りた現金で支払うのがお得

(奈良県天理市 あべぞーさん デザイナー 35歳)

私は会社から独立して、ウェブなどのデザインをするデザイナーとして仕事をはじめたばかりでした。独立のための費用は、会社員時代に貯えてはいたのですが、いざ独立となると、細かい費用が色々とかかってしまい、しかも独立したばかりでは仕事もすぐには入ってきませんので、事務所兼自宅の家賃など諸経費を支払っていくのがやっとの生活をしていました。

ある日、仕事をしていた時のことです。遠くで雷鳴が聞こえ出したのでした。その雷の音がだんだんと近くなり、私の事務所の窓からも稲妻が見えてはいたのですが、さほど気にせず仕事をしていると、一段と大きな雷の音とともに、突然停電してしまったのです。停電はすぐに復旧したのですが、作業を再開しようとパソコンの電源を入れようとすると、パソコンがうんともすんとも言わないのです。パソコンは落雷の影響を受けて完全に故障している状態でした。

困ったことに、数日後には仕事の納期が迫っている時だったのです。その仕事は予備のパソコンのスペックではこなすことができない内容のものでした。壊れたパソコンを修理している暇もありません。独立したばかりでもらった仕事で、納期を守れなければ信用問題にも繋がります。

痛い出費ではありますがパソコンを買い換えるより他はありません。しかし、仕事がら格安のパソコンでというわけにもいきませんので、費用はそれなりにかかります。数日後に支払われる予定の請求があり、それが入れば問題ないのですが、仕事をするためにパソコンは今必要でした。

クレジットカードで買えばいいだろうと思い、大手電気店へでかけ、電気店で持ち帰り可能で十分なスペックのあるパソコンを見繕って見積もりを出してもらうと、クレジットカード払いではポイントの加算率が悪く損をしてしまうことが分かりました。

そこで、まずは消費者金融で必要なお金を借りて、パソコンは現金で購入することにしました。それで満額のポイントをもらっておいて、数日後に支払われたお金で借りたお金を返済しました。金利で支払った分よりも、現金で支払ったことでもらったポイントの額が多かったので、やはりお金を借りてお得だったということになります。

突然のアクシデントで出費は最小限に抑えたいところでしたので、大変助かりました。こんな方法があるのだなと、気が付いた自分に我ながら関心してしまったほどです。


このページの先頭へ